ユーロ紙幣・硬貨流通20周年

Image: European Central Bank

2022年1月1日、EUの共通通貨「ユーロ」の紙幣と硬貨の流通開始から20周年を迎えた。

ユーロは1999年1月1日に、EU加盟国中11カ国で新しい会計上の通貨として導入され、導入国はユーロに対する自国の為替レートを固定して欧州中央銀行(ECB)の下で共通の金融政策を取ることとなった。3年後の2002年1月1日にはユーロの紙幣と硬貨の流通が始まり、12カ国(1カ国増)が自国通貨に替えてユーロを唯一の法定通貨とした。現在、ユーロはEU27加盟国中19カ国が採用する、3億4千万人超の人々の通貨である。

ユーロは、国際決済、および借入、貸付、外貨準備のために世界で2番目によく使われる通貨である。また、世界のグリーンボンド発行額の半分以上はユーロ建てである。

ユーロにより、以下のような事が容易になった(ビデオは全て英語。出所はEURO@20特設サイト)。

信頼できる貯蓄と投資

旅行

ビジネス

買い物

外国での就職・勉学・退職後の生活

ユーロ現金流通20周年に関する詳細な情報は特設サイトおよびECBのサイトをご覧ください(英語)。

EU MAGの関連記事
大きな試練を乗り越えてきたユーロの20年」(2019年3・4月号 政策解説)