スロヴェニア、2021年下半期の議長国に

© Government Communication Office / Source: Slovenian Presidency of the Council of the European Union

スロヴェニア議長国のロゴ。スロヴェニアのシンボルである同国最高峰のトリグラウ山の稜線モチーフは、EUの紆余曲折を表している。また、同国の代表的詩人フランツェ・プレシェーレンの詩「祝杯(A Toast)」の第7節が国歌に用いられていることから、山上にはEU旗の星が7つ輝いている (スロヴェニア議長国のウェブサイトより抄訳の上、転載)© Government Communication Office / Source: Slovenian Presidency of the Council of the European Union

7月1日、半年ごとの輪番制であるEU理事会の議長国が、ポルトガルからスロヴェニアに引き継がれる。2004年にEUに加盟したスロヴェニアは、独立30周年という記念の年に、2008年前期に続き2度目の議長国を務めることとなる。

スロヴェニア議長国のウェブサイト(関連情報参照)によれば、スロヴェニアの議長国プログラムは、「Together. Resilient. Europe」をスローガンに、以下の4つの優先課題を柱に据えている。

  • パンデミックから学んだ教訓を生かし、EUのレジリエンス(強靭性)、回復および戦略的自律を強化する
  • 任期中に行われる「欧州の将来(Future of Europe)」に関する議論を主導する
  • 法の支配と欧州の価値を強固にする
  • 近隣地域の安全と安定を向上する

なお、「トリオ議長国制度」の下、スロヴェニアは前任のポルトガル(2021年前期)およびドイツ(2020年後期)と共に、共通の課題への継続的な取り組みを図っている。

関連情報

スロヴェニア議長国のウェブサイト(英語)はこちら

「議長国」や「トリオ議長国制度」については、EU MAG 2017年5月号(vol. 60)の「EU理事会と議長国について教えてください」をご参照ください。