クロアチア、2023年1月より単一通貨ユーロを導入へ

2023年1月よりユーロを導入する手続きが完了したことを受け、ベルギー・ブリュッセルで記念式典に臨む(左から)ラガルド欧州中央銀行総裁、マリッチ・クロアチア副首相兼財務相、ドムブロフスキス欧州委員会執行副委員長およびジェンティローニ欧州委員。©European Union

欧州連合(EU)理事会は7月12日、クロアチアが2023年1月1日にユーロを導入するために必要とされる最後の3つの法規を採択した。これで、クロアチアが来年からユーロ圏の一員となり、EUの共通通貨であるユーロの使用による恩恵を受けることができるようになるためのEU理事会での手続きは完了した。

3つの法規のうちの1つは、ユーロとクロアチア・クーナの交換レートを1ユーロ=7.53450クーナと定めている。これは、欧州為替相場メカニズム(ERM II)における現在のクーナの中心レートに相当する。