TAG 環境・エネルギー

パリで合意予定の気候変動の新枠組みとは?

2020年以降の地球温暖化対策の新しい枠組みを決める国連の会議(COP21)が11月30日からパリで始まる。危険な気候変動を止める最後のチャンスとも評される会議を前に、国際交渉の先導的な役割を果たしてきたEUが、会議のポイントと課題、さらに日本の役割などについて解説する。

再生可能エネルギーで世界を牽引するEU

欧州連合(EU)は、2020年までに域内の最終エネルギー消費の最低20%を再生可能エネルギーで供給する目標を設定。加盟各国は政策の実施や他国との技術開発協力に懸命だ。
PART 1 着々と進むEUの再生可能エネルギーシフトとその背景
PART 2 目標達成のカギを握る加盟国の現状と取り組み

都市問題の新しい解決策「スマートシティ」

最新の省エネ技術や情報通信技術、インフラを活用し、都市問題の解決を図ろうとするのが、スマートシティ、スマートコミュニティ構想である。持続可能な社会づくりを目指すEUの取り組みには、10のプロジェクトがあり、EU域内の約50都市が参加している。

EUが目指すエネルギー同盟とは?

石油と天然ガスの約5割を域外からの輸入に頼っているEU。輸入依存度や供給不安が高まる中、EUは「確実で安定した供給の確保」、「手ごろな価格を保証する市場の創出」などを目的に「エネルギー同盟」を構築することとした。その目的や背景、取り組みを解説する。

パリ気候変動会議に向けた日欧政策セミナー開催 ―1月28日

1月28日、日欧産業協力センターと駐日EU代表部は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第20回締約国会議(COP20、リマ)の成果に対する評価と本年12月のCOP21(パリ)への期待および包括的な気候変動政策などについて、日欧双方からの報告や見通しを聞くセミナーを開催した。

気候変動枠組み ―パリ会議での合意を目指して

2020年以降の気候変動に関する国際枠組みの合意を目指し、各国の動きが活発化している。枠組みを決める2015年末のCOP21に向け、EUはいち早く野心的な削減目標を発表した。合意に向け一定の成果を挙げたとされる昨年末のCOP20の模様とともに、EUの取り組みを紹介する。

絶滅危惧種に対するEUの取り組みは?

絶滅の危機に瀕している「絶滅危惧種」。欧州では約6,000種 がレッドリストに掲載されている。国際的な取り組みであるワシントン条約、生物多様性条約などで保護が進む中、欧州の絶滅危惧種保護に関するEUの取り組み、歴史的経緯などを解説する。

大雪で再確認する気候変動対策の重要性

ここのところ日本各地を襲った記録的な大雪は、交通網を大いに混乱させ、多くの人々の生活に支障をきたしました。被害に遭われた方々には心よりお見舞いを申し上げます。

世界の気候変動対策を先導するEUの取り組み

温室効果ガス削減に積極的に取り組み、国際社会でも、気候変動対策で先導役を担う欧州連合(EU)の最近の動きを解説する。
PART 1 COP19でのEUの主張と成果
PART 2 領空内の航空排出に排出量取引制度を適用

電気自動車普及に向け、充電規格を標準化

欧州連合(EU)は低炭素社会実現のため、特に電気自動車(EV)の普及に取り組んでいる。そのカギを握るのが充電スタンドの設置や充電プラグの標準化など充電インフラの整備だ。