TAG 経済・産業

欧州航空部門のさらなる成長目指す新航空戦略

過去20年の間、欧州連合(EU)は航空の自由化を進め、航空部門に大幅な成長をもたらしてきた。国際的な競争が激化する中、今後もEUの航空部門が高い競争力を維持するための新航空戦略が採択された。戦略の背景、内容とともに…
PART 1 欧州の航空部門の現状と直面する課題
PART 2 新戦略が目指す欧州航空部門の未来の姿とは

環大西洋貿易・投資パートナーシップ協定

欧州連合(EU)と米国の間で「環大西洋貿易・投資パートナーシップ…
PART 1 交渉の背景とTTIPが目指すもの
PART 2 分野ごとのEUの交渉方針

VATの最低標準税率を2年間15%に据え置き -5月25日

EU理事会は2016年5月25日、EUの付加価値税(VAT)制度の最低標準税率を、2年間15%に据え置く指令を採択した。

日欧産業界がFTA/EPAの早期締結を提言

日欧の産業界から政府へ政策提言を行うための議論の場「日・EUビジネスラウンドテーブル」の年次会合が4月、東京で開かれた。同会合での活発な意見交換の模様ととともに、日本の関係省庁などを精力的に訪問し産業協力推進を訴えた欧州委員会のエルジビエタ・ビェンコフスカ委員の動きも紹介する。

EUが見直す自動車型式認証制度とは?

欧州委員会は、車両検査の独立性を高め、市場に出回っている自動車の監視強化のため EU型式認証制度の枠組みの大幅な見直しを提案した。フォルクスワーゲン問題の表面化以前から進められていた同制度の見直し。型式認証制度の概要や主な変更点、新たな市場監視システムなどについて解説する。

次世代移動通信(5G)で日・EUがシンポジウム

スマートフォンの普及やモノのインターネット(IoT)が注目を集める中、高速・大容量通信を可能にする次世代移動通信システム(5G)の開発が本格化している。日本とEUも5G分野の研究者、技術者によるシンポジウムを開催。5G開発の現状や課題、今後の日欧協力などについて話し合った。

多彩なデザインのユーロコインで知るEUの横顔

EU加盟28カ国中19カ国で導入されている単一通貨「ユーロ」。そのコインの片面は額面ごとに共通のデザイン、もう片面は「肖像画」、「建築物」など各国ごとに自国を象徴する図柄が施されている。欧州の文化や歴史が詰まったユーロコインの魅力と知られざる一面を紹介する。

EUの新戦略「Trade for All」― 万人が貿易の恩恵を受けるため

欧州委員会は2015年10月、新たな貿易・投資戦略「Trade for All」を発表した。貿易によるEU経済の回復に加え、全ての人を利するための基本原則と方策を定めているのが特徴。
PART 1 なぜ新しい貿易・投資戦略なのか
PART 2 新戦略の内容と今後の貿易交渉への影響

伝統と品質の欧州ワイン ~EUのワイン法とワイン産業~

世界最大のワイン生産地であり消費地でもある欧州連合(EU)。そのワイン作りの歴史と文化はワイン法によって支えられながら発展してきた。
PART 1 欧州のワイン文化を支えるワイン法
PART 2 グローバル化が進むワイン産業 – EUの課題と取り組み

ミラノ万博が取り組む「食」という課題

EU加盟国の一つ、イタリアで5月1日~10月31日まで開かれているミラノ国際博覧会(ミラノ万博)。「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに、世界140カ国以上、EU加盟19カ国が参加。
PART 1 持続可能な食糧生産は地球規模の問題
PART 2 科学主導の解決手段を提示するEU館、ほか