TAG 議長国

エストニア、初のEU理事会議長国へ ー7月1日

2004年5月1日にEUに加盟したエストニア共和国が、2017年7月から半年間、初めてEU理事会の議長国を務める。

EU理事会と議長国について教えてください

欧州連合(EU)の主要機関の一つであるEU理事会。加盟各国の閣僚から構成され、主たる役割は、欧州議会と協力してEUの法律を成立させるとともに、政策の調整をすることだ。その位置付け、役割、組織構成、意思決定のプロセス、さらに同理事会の議長国制度について解説する。

マルタ、初のEU理事会議長国へ ―2017年1月

2004年5月1日にEUに加盟したマルタ共和国が、2017年1月から半年間、初めてEU理事会の議長国を務める。未曾有の難民危機や英国のEU離脱など、EUの60年の歴史の中でも最大級の難局に直面している中、国土・人口ともに加盟国中最小のマルタは、移民・難民問題、単一市場の活用・推進、治安・安全保障、社会的包摂をはじめ、さまざまな課題に積極的に取り組む意欲を示している。

スロヴァキア、初のEU理事会議長国就任 ―7月1日

2016年7月1日より、スロヴァキアが前任のオランダから引き継ぎ、EU理事会(加盟国閣僚会議)の輪番制議長国を受け持った。

オランダ、2016年上半期議長国へ -1月1日

2016年1月1日、オランダが前任のルクセンブルクから引き継ぎ、輪番制のEU理事会議長国に就く。EUの原加盟国である同国にとって、2004年に継き12回目の議長国である。

ラトビア、2015年上半期の議長国へ ―1月1日

2015年1月1日、イタリアから引継ぎ、バルト三国のラトビアが加盟後初めて、輪番制のEU理事会議長国に就いた。2004年5月に他の中・東欧9カ国とともにEUに加盟したラトビアは、任期中、競争力強化、デジタル化推進、ウクライナ危機の解決など喫緊の課題に優先的に取り組む。

イタリア、2014年下半期のEU理事会議長国に -7月1日

2014年7月1日、イタリアが半年間の輪番制EU理事会議長国に就いた。

ギリシャ、議長国就任 -1月1日

2014年1月1日、ギリシャが半年間の輪番制EU理事会議長国に就いた。

EUを代表するのは誰ですか?

欧州連合(EU)の3人のPresidentsの役割やEUの対外的代表について、EUの仕組みに基づいてわかりやすく解説する。