TAG 文化

ピルスナー・ビール発祥の地から世界へ発信

ピルスナー・ビールの発祥地やクリスタルグラスの生産地として知られるチェコのプルゼニュ。欧州文化首都として、歴史ある建造物を生かしたバロックの催しや、日本を含め国外の文化を紹介する多彩なプログラムなどを通して、古き物の上に新しきを築き、さまざまな違いを越えた交流を目指す。

欧州文化首都2015モンス市のメタモルフォーゼ

2015年欧州文化都市の一つ、ベルギー・モンス市。19世紀まで炭坑で繁栄した後、経済停滞、失業など多くの社会問題を抱えていたが、欧州文化首都開催を機に美術館やコンサートホールを新設し多彩なプログラムを展開。街のアイデンティティー再構築に懸ける。

小さな宇宙「BONSAI」の魅力を伝える英国人

小さな宇宙とも言われる「盆栽(BONSAI)」に魅了され、日本で修業を積んだ英国人のピーター・ウォーレンさん。その実力が認められ、今や世界的な盆栽作家として活躍するピーターさんに、盆栽の魅力、ブームが続く欧州の状況、これからの目標などについて話を聞いた。

日本で名馬輩出に奮闘するアイルランド人牧場主

競馬の本場、アイルランドから北海道に移住し、競走馬生産牧場「パカパカ・ファーム」を開いたハリー・スウィーニィ氏。独自メソッドを駆使しダービー優勝馬を出すなど実力は折り紙付き。名馬輩出に奮闘するスウィーニィ氏にこれまでの苦労や牧場経営について聞いた。

欧州の新たな魅力を「隠れた名所」で再発見

欧州の魅力を再発見してもらおうと、有名観光地ではない「隠れた名所」を欧州議会が発信している。2014年は「伝統(tradition)」をテーマに、EU加盟28カ国から各1カ所ずつお薦めスポットを紹介。欧州の秘宝ともいえる場所が選ばれている。

日本料理とヨーロッパの料理のマリアージュ

ベルギー・アントワープでおしゃれな寿司バーを営むロブレヒト・ウォルタースさん。外国人シェフ対象の和食コンペティションのファイナリストとして来日した彼に、日本料理の魅力や自身の創作料理について聞いた。

いつかは乗りたい!魅力いっぱいの欧州鉄道

多くの国々が境を接する欧州だからこそ味わい深い鉄道の旅。最新の性能とデザインを兼ね備えた超特急から、ローカル線、夜行列車、メルヘンの世界に誘う列車まで、バラエティー豊かな路線を紹介。

編む楽しさ伝えたい、ドイツ出身編み物男子

12歳で編み物の楽しさに目覚め、今では教室でも教えるようになったドイツ出身の編み物作家、ベルント・ケストラーさん。編み物の魅力と可能性を、ファッションセンスある日本の若い世代に広めたいと熱く語る。

人にも自転車にも優しい欧州の街づくり

環境に配慮した街づくりの中で、自転車の走行空間を戦略的に整備している欧州の主要都市の取り組みを紹介する。

欧州文化首都・マルセイユ=プロヴァンス

スロヴァキアのコシツェとともに2013年の欧州文化首都となったマルセイユ。フランス第2の都市にして最大の港湾都市である同市が、文化色豊かな周辺地域とともに、地中海の一大文化拠点をアピールする。