TAG 教育

科学技術イノベーション分野の人材育成に向け

科学技術イノベーション分野で緊密な連携が続く日本とEU。駐日EU代表部と政策研究大学院大学(GRIPS)は10月、次世代の人材育成を議題に「第7回EU・日本科学政策フォーラム」を開催した。人材育成とともに最新の政策や課題、新たな展開についての報告・討議も行われたフォーラムの模様を紹介する。

グローバル人材を育てる EUの取り組み

自国以外での教育・訓練を資金援助する欧州連合(EU)の「エラスムス・プラス(Erasmus +)」プログラムの一部は、EU域外からの留学生にも開かれている。
PART 1 継続、進化する留学支援プログラム
PART 2 東京と京都で開催された「欧州留学フェア2014」

障害者も参画するEUのユニバーサル社会づくり

障害があっても、健常者と同様に基本的権利を享受できる暮らしを実現する。そのためのEUの取り組みとは?
PART 1 障害者が参画してつくる社会
PART 2 アクセシビリティ推進都市を表彰――アクセスシティ賞

欧州文化首都・マルセイユ=プロヴァンス

スロヴァキアのコシツェとともに2013年の欧州文化首都となったマルセイユ。フランス第2の都市にして最大の港湾都市である同市が、文化色豊かな周辺地域とともに、地中海の一大文化拠点をアピールする。

ノーベル平和賞賞金の使いみちは?

平和と和解、民主主義と人権の向上に貢献したことが評価され、2012年のノーベル平和賞を受賞した欧州連合(EU)。受け取った賞金はどのように使われるのだろうか。

EU文化遺産賞 2012年グランプリを紹介

欧州の魅力をかたちづくる歴史建造物や景観。それを支えているのは、共有の財産を守ろうとする人々の高い意識と地道な活動だ。欧州連合(EU)は毎年、ともすると目立たないこうした貢献にスポットを当て、「文化遺産賞」を授与している。

日欧の学生が代表部に大集合――「EUサークル」第2回オフ会開催 -12月15日

EUサークルは、2010年に駐日EU代表部の学術協力プログラムの一環としてスタート。EU代表部の開設したブログに、日本に留学中のEU諸国からの学生や、欧州に留学している日本人学生から投稿を募ることで、日本の若い世代にEUへの関心を深めてもらい、留学のきっかけにしてもらうことを目的としている。通常はウェブサイト上での交流が主であるが、新しくオープンしたばかりのEU代表部のホールに、この日はEU代表部からの情報や口コミを通じて120名を超える学生や大学関係者が集まり、交流、ネットワーキングの絶好の機会となった。