映画で旅するヨーロッパ―EUフィルムデーズ

2015/05/19

この記事をプリントする

巨額の資金を注ぎ込んで世界的ヒット作品を生み出す米国映画とは一線を画す欧州映画。娯楽性が高い米国映画に飽き足らず、多様な人間模様を丁寧に描く欧州映画に魅了されるファンも多い。そんな欧州の映画を一堂に集めたユニークな映画祭「EUフィルムデーズ2015」が5月29日から6月21日まで東京国立近代美術館フィルムセンターで、また7月1日から同12日まで京都府京都文化博物館で開催される。

普段接する機会のない国の映画も鑑賞できる「EUフィルムデーズ」

EUフィルムデーズは、欧州連合(EU)加盟国の在日大使館や文化機関が、欧州への理解を深めてもらう手段の一つとして、各国が推薦する映画作品を一堂に上映する映画祭だ。日本とEUの市民交流の促進を目的に、毎年5月に行われる「日・EUフレンドシップウィーク」の一環として開催されているもので、昔から日本で人気のフランス、イタリアなどの西欧諸国のほか、コアなファンを惹きつけてやまない中・東欧、最近おしゃれな女性の間で人気上昇中の北欧、なかなか触れる機会のないバルト三国やバルカン諸国などの国々の映画も上映される、貴重な機会として人気を集めている。

2003年の第1回の参加国は11カ国。持ち寄った11本の映画を3カ国がそれぞれ用意した会場で持ち回り上映していた。その後、回を重ねるごとに参加国も増え、2015年は、EU加盟全28カ国(うち日本に外交機関を擁すのは26カ国)のうち、過去最多の24カ国(東京会場)が協力している。

域内に数多くの伝統、文化、言語が存在しているEU。それら文化の多様性の保護と促進は基本的原則の一つであり、「United in Diversity(多様性の中の統合)」はEUのモットーになっている。映画は、このようなEUが重視する文化的多様性をさまざまな表現で映し出しており、欧州への理解を深めてもらう上で非常に有益なものになっている。

EUフィルムデーズのような欧州各国の映画を集めての上映会は、形式は違うが日本のほかカナダ、シンガポール、インドなどでも開催されており、各地で欧州映画の存在感を高めるのに一役買っている。

EUの映画産業振興策「MEDIA」

120年前に欧州で生まれた「映画」を産業として保護・促進していくことはEUの重要な使命でもある。そのため、EUは総合的な文化振興支援策「クリエイティブ・ヨーロッパ」の中に映画産業振興に特化した総額8億ユーロに上る「MEDIA」という資金助成プログラムを設け、映画の製作・配給、また映画産業に関わる人材の育成などを支援している。

©European Union, 1995-2015

欧州映画には不朽の名作が多数

米国映画と対比されがちな欧州映画だが、その特徴には①映画の結末が予定調和的なものではなく、鑑賞者の想像に任されている作品が多い、②文化的に深く、洗練されている、③さまざまな言語、文化に触れることができる――などがある。例えば、『自転車泥棒』(日本公開1950年〈以下、同〉、イタリア)、『禁じられた遊び』(1953年、フランス)、『鉄道員』(1958年、イタリア)、『地下室のメロディー』(1963年、フランス)、『ひまわり』(1970年、イタリア)、『ベルリン・天使の詩』(1988年、フランス・西ドイツ合作)、『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989年、イタリア)などは、映画ファンのみならず、一度はその題名を耳にしたことがある作品ではないだろうか。どの映画も人生の悲哀や機微を巧みに描いた作品が多い。

EUフィルムデーズは、「普段接することのない、あるいは極めてその機会が少ない作品が上映される」ということが特長の一つ。さらに期間中は、上映作品の映画監督などゲストの来日もめじろ押しで、彼らを中心としたトークイベントなども数多く予定されている。

映画は24カ国が提供し、日本初公開は12本に上る

5月29日から24日間開催される「EUフィルムデーズ2015」のキャッチフレーズは、「映画で旅するヨーロッパ」。作品は、オーストリア、ベルギー(オランダ語作品とフランス語作品、各1本ずつ)、ブルガリア、クロアチア、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロヴァキア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデンの24カ国が提供。日本初公開の映画は12本に上っている。なお、ほとんどの作品には日本語の字幕があるが、一部英語字幕で上映されるものもある。

EUフィルムデーズ2015のパンフレットはこちら(画像クリックで作品紹介の載ったPDFがダウンロード可)。

 

以下、本年のラインアップから日本初公開かつ日本語字幕付きで上映される作品をピックアップして紹介しよう。

タンジェリン
エストニア
監督: ザザ・ウルシャゼ
製作年: 2013年
言語: エストニア語、ロシア語(英語・日本語字幕)

映画「イーダ」とともにアカデミー外国語映画賞にノミネートされた作品。 1990年代、紛争中のアブハジアで暮らすエストニア人のほとんどが本国に引き上げる中、イヴォとその友人はミカンの収穫を終えるまでと同地に残る。しかし、二人の村でも戦いがあり、イヴォは敵同士の二人の負傷者を自宅に受け入れ看病することに……。

ハンガリー大使人質事件
ハンガリー
監督: サース・アッティラ
製作年: 2014年
言語: ハンガリー語、ドイツ語(英語・日本語字幕)

1958年8月16日。在スイス・ハンガリー大使館に二人のハンガリー人が侵入し、大使を人質に取って立てこもる。現地の警察が大使館を包囲し、集まってきたスイス在住ハンガリー人らがデモを開始する中、館内には緊張に満ちた時間が流れる。ハンガリー動乱の余波で起きた実際の事件に基づく物語。

ロックス・イン・マイ・ポケッツ
ラトビア
監督: スィグネ・バウマネ
製作年: 2014年
言語: ラトビア語(日本語・英語字幕)

鬱病や自殺衝動と闘う、ある家族の5人の女性の物語をシュールな作画とユーモアを交えたナレーションで紹介。人の人生はどこまで遺伝で決められ、どこまで自分でコントロールできるのかという問い掛けにもなっている、バウマネ監督の自伝的長編アニメーション。

裁判の行方
ベルギー
監督: ヤン・ヴェルヘイエン
製作年: 2013年
言語: オランダ語(日本語字幕)

ビジネスマンのリュックは、偶然巻き込まれた強盗未遂事件で妻と娘を亡くしてしまう。犯人は捕まるが、当局の手続違反のため釈放されてしまう。法制度への信頼を失ったリュックは自ら復讐を決行し、今度は自分が陪審員の裁きを受けることで法制度の欠陥を明らかにしようとする。

海へ行こう!
チェコ
監督: イジー・マードル
製作年: 2014年
言語: チェコ語(日本語字幕)

映画監督に憧れる11歳のトマーシュは、誕生日にもらったデジカメで撮影を開始。父親の「秘密」を探ろうとする自分の探偵ごっこや、家族、親友、クラスメートたちとの交流などの全てが、少年の目を通じて、彼のナレーションで語られる。最後には家族の驚くべき秘密が明らかに……。

サンタ
リトアニア
監督: マリュス・イヴァシュケヴィチュス
製作年: 2014年
言語: 英語(日本語字幕)

シングルマザーのインガは、7歳の息子を連れて訪れたラップランドでとある出逢いに遭遇する。やがて親子で同地に引っ越すが、話は複雑な方向へ……。人生が突き付けてくる難題を乗り越えるには、愛と希望、そしておとぎ話を信じる力もまた必要だというメッセージが込められている。

蝶のシンメトリー
ルクセンブルク
監督: ポール・ショイヤー&マイジー・ハウズマー
製作年: 2012年
言語: ルクセンブルク語、フランス語、英語(日本語字幕)

ルクセンブルク人の作家ロジェは事故に遭い、しばらく施設から出られない。そこで、自分の小説『蝶のシンメトリー』に周囲の人々を自由に取り入れ、現実と想像を巧みに織り交ぜて話を紡いでゆく。

EUフィルムデーズの入場料は、東京会場の一般料金が520円など、大変鑑賞しやすい設定となっている。駐日EU代表部広報部は、「この機会に、一人でも多くの方に、まだ知られていない欧州映画を鑑賞し、隠された魅力に触れていただきたい。映画を通して今の欧州を知り、EUを理解してもらうきっかけになれば嬉しい」と考えている。

上映スケジュール、チケット情報、会場アクセスなどはEUフィルムデーズ2015のウェブサイトhttp://eufilmdays.jp/をご覧ください。

またFacebookTwitterでも最新情報を提供しています。

関連情報

日・EUフレンドシップウィーク

関連記事

新文化産業振興策 クリエイティブ・ヨーロッパ」( 2014年10月号 政策解説)

欧州映画を世界に発信するEUの振興策」(2013年5月 特集)

 


2015/05/19

この記事をプリントする