In the spotlight 注目の話題

2012年 日・EUフレンドシップウィーク

5月9日のヨーロッパ・デーあたりから毎年開催される市民交流の場、日・EUフレンドシップウィーク。12回目を迎える本年は、新たなプログラムも複数加わり、例年にも増した盛り上がりを見せそうだ。

ヨーロッパの「マンガ」の世界

『ドラゴンボール』から『ワンピース』、『ナルト』まで、日本の「マンガ」は海外で人気を博している。他方、ヨーロッパにも独自の「マンガ」文化圏があることは、日本ではあまり知られていない。ヨーロッパの「マンガ」の魅力に迫ってみよう。

欧州文化首都2012――マリボル

豊かな自然に囲まれ、歴史的遺産を残すスロヴェニア第2の都市マリボル。5つのパートナー都市とともに、世界とつながり、自身のアイデンティティを見つめ直す創造的な催しが行われます。

欧州文化首都2012――ギマラインス

2012年の欧州文化首都、ギマラインスは、中世以来の歴史的建造物の残る「ポルトガル発祥の地」。芸術や文化に関する行事が年間を通じて開催され、新しい文化を創造する試みに市民が主体となって取り組んでいます。

日本と欧州がもっと近づく未来を

長年にわたり、米ボーイングがほぼ独占してきた日本の民間航空機市場。2011年、ついに欧州のコンソーシアム、エアバスが風穴を開けることになった。日本におけるエアバスの台頭は、これまで米国を軸としてきた日本の対外関係に新時代が訪れつつあることを予感させる、象徴的な出来事とも言える。エアバス・ジャパンの指揮を執るステファン・ジヌー社長が、日本での戦略から、長年にわたる日本での暮らし、これからの日欧関係のあるべき姿に至るまで、流暢な日本語で、時にユーモアを交えて語ってくれた。