In the spotlight 注目の話題

日欧双方が利するビジネス関係構築を目指す

在日欧州企業の通商・投資環境の改善を目指し活動を続けている欧州ビジネス協会のダニー・リスバーグ会長 に、交渉中の日・EU自由貿易協定(FTA)やアベノミクスなどに対する期待と要望について話を伺った。

2014年EU文化遺産賞のグランプリを紹介

文化遺産の修復や保護、調査・研究などに取り組む団体や個人を称えるEU文化遺産賞。17 世紀のフレスコ画や建築上の芸術的特徴を備えたワイナリーの修復など、2014年の大賞受賞6プロジェクトを写真と共に紹介する。

風土にほれ込み、野沢温泉でクラフトビール造り

信州・野沢温泉で英国人リヴシーさんが開いたクラフトビールの店「里武士」が人気だ。地元の「自然」に刺激を受けたオリジナルの手造りビールや、ヨーロッパのシェフを招いた交流会などの文化活動についても話を伺った。

ゲームとクイズを楽しみながらEUを知ろう

欧州連合(EU)公式サイトの「キッズコーナー」では、ゲームやクイズを通して、楽しみながらEUについての基本的な知識を学ぶことができる。ここでは25種類あるゲームとクイズから5つを紹介(英語版)。あなたも挑戦してみては?

ヨーロッパのインテリアデザインの最新動向

ヨーロッパの選りすぐりのインテリアデザインを紹介する「european design」。7 回目となる今回は、16のEU加盟国から43社が出展。家具をはじめ、照明、テーブルウェア、テキスタイル、陶器、アクセサリーなど、機能的・個性的で洗練された製品の数々が展示された。

欧州文化首都2014 ウメオ(スウェーデン)

ラトビアのリーガとともに2014年の欧州文化首都であるスウェーデンのウメオ。北極圏に近く、地球温暖化をより身近に感じるウメオは、温暖化と向き合う道筋を示すとともに、先住民族サーミ人の伝統文化に注目し、そこから学ぶことを目指す。

品質と味にこだわったヨーロッパの食品

「食と飲料」の専門展示会、FOODEX JAPAN 2014に欧州連合(EU)がブースを出展。EUの4つの品質認証制度によって品質と味を保証された食品を紹介した。ブースに参加した38の生産者・団体のうち6社を訪ね、自慢の食品について話を聞いた。

欧州文化首都2014 リーガ(ラトビア)

2014年欧州文化首都はリーガ(ラトビア)とウメオ(スウェーデン)。800年の歴史を持つリーガのテーマは、占領下時代の古い工場群の再生と地域の魅力の再発見。バルト海に面した美しい古都が、新たな道へと歩みだそうとしている。

日本料理とヨーロッパの料理のマリアージュ

ベルギー・アントワープでおしゃれな寿司バーを営むロブレヒト・ウォルタースさん。外国人シェフ対象の和食コンペティションのファイナリストとして来日した彼に、日本料理の魅力や自身の創作料理について聞いた。

日本と欧州の絆を強めたい――新任外交官たち

駐日欧州連合代表部の外交官たちは、なぜ日本を任地として選び、どのようにそれぞれの役割を果たそうとしているのだろうか。着任まもない3人の親日家の外交官に話を聞いた。

いつかは乗りたい!魅力いっぱいの欧州鉄道

多くの国々が境を接する欧州だからこそ味わい深い鉄道の旅。最新の性能とデザインを兼ね備えた超特急から、ローカル線、夜行列車、メルヘンの世界に誘う列車まで、バラエティー豊かな路線を紹介。

編む楽しさ伝えたい、ドイツ出身編み物男子

12歳で編み物の楽しさに目覚め、今では教室でも教えるようになったドイツ出身の編み物作家、ベルント・ケストラーさん。編み物の魅力と可能性を、ファッションセンスある日本の若い世代に広めたいと熱く語る。