In the spotlight 注目の話題

日本とEUのより強固な関係構築を目指して

2015年9月、駐日EU代表部の政治部に3人の外交官が着任した。日・EU間では、現在、戦略的パートナーシップ協定(SPA)と自由貿易協定(FTA)の並行交渉が進行中である。新たな関係構築を前に、日本に着任した各外交官に自身の役割や抱負、今後の日欧関係、日本への想いなどを聞いた。

チーズの奥深い魅力を最高の知識と技で広める

専門店やレストランなどで働くチーズのスペシャリスト世界一を決めるコンクールがフランスで開かれ、日本のチーズ専門店に勤めるフランス人のファビアン・デグレさんが優勝した。「和」のテイストで勝負に挑んだデグレさんに、コンクールの模様、「フロマジェ」の仕事の魅力などについて話を聞いた。

初の外国人女流プロ棋士を目指すポーランド人

日本のアニメをきっかけに将棋に興味を持ったポーランド人のカロリーナ・ステチェンスカさん。ネット対戦で腕を上げ、欧州でのタイトルも獲得してきたカロリーナさんの夢は初の外国人女流プロ棋士。異国の地「日本」で将棋漬けの日々を送るカロリーナさんに将棋の魅力や将来の夢を聞いてみた。

8カ国語で「落語」の魅力を世界に発信

8カ国語を駆使し日本の伝統芸能「落語」を世界に発信している三遊亭竜楽さん。欧州を中心に海外公演は140回以上に上る。東京オリンピックを追い風に、落語をさらに世界に広めたいという竜楽さんに、海外公演の醍醐味や国による「笑い」の違い、日本の伝統芸能にかける思いなどについて聞いた。

ピルスナー・ビール発祥の地から世界へ発信

ピルスナー・ビールの発祥地やクリスタルグラスの生産地として知られるチェコのプルゼニュ。欧州文化首都として、歴史ある建造物を生かしたバロックの催しや、日本を含め国外の文化を紹介する多彩なプログラムなどを通して、古き物の上に新しきを築き、さまざまな違いを越えた交流を目指す。

映画で旅するヨーロッパ―EUフィルムデーズ

欧州映画を一堂に集めて上映する「EUフィルムデーズ2015」が5月29日から東京で、7月1日から京都で開催される。EU加盟国の中でも、あまり接する機会のない国々の映画も観られる貴重な機会として人気を博している同上映会。13回目となる本年の見所を中心に、欧州の映画事情なども紹介する。

欧州文化首都2015モンス市のメタモルフォーゼ

2015年欧州文化都市の一つ、ベルギー・モンス市。19世紀まで炭坑で繁栄した後、経済停滞、失業など多くの社会問題を抱えていたが、欧州文化首都開催を機に美術館やコンサートホールを新設し多彩なプログラムを展開。街のアイデンティティー再構築に懸ける。

小さな宇宙「BONSAI」の魅力を伝える英国人

小さな宇宙とも言われる「盆栽(BONSAI)」に魅了され、日本で修業を積んだ英国人のピーター・ウォーレンさん。その実力が認められ、今や世界的な盆栽作家として活躍するピーターさんに、盆栽の魅力、ブームが続く欧州の状況、これからの目標などについて話を聞いた。

伝統の抹茶から世界が注目する「MATCHA」へ

美容と健康効果などから、世界各地でMATCHAが人気を集めている。お茶の名産地として知ら れる奈良市月ヶ瀬で、抹茶用の茶葉造りに取り組むベルギー人西中リンダさん に、日本の伝統的茶農家に嫁いでからの経験と、抹茶造りへの意欲を聞いた。

日本で名馬輩出に奮闘するアイルランド人牧場主

競馬の本場、アイルランドから北海道に移住し、競走馬生産牧場「パカパカ・ファーム」を開いたハリー・スウィーニィ氏。独自メソッドを駆使しダービー優勝馬を出すなど実力は折り紙付き。名馬輩出に奮闘するスウィーニィ氏にこれまでの苦労や牧場経営について聞いた。

欧州の新たな魅力を「隠れた名所」で再発見

欧州の魅力を再発見してもらおうと、有名観光地ではない「隠れた名所」を欧州議会が発信している。2014年は「伝統(tradition)」をテーマに、EU加盟28カ国から各1カ所ずつお薦めスポットを紹介。欧州の秘宝ともいえる場所が選ばれている。

日欧双方の視点から築く新しい関係

2014年9月、駐日EU代表部にハットウェル副代表とカラピペリス科学技術部長の2人の外交官が新たに着任した。これまでの日本との関わりや今後の抱負、またプライベートな部分について話を聞いた。