ユーロ紙幣が新しくなるのですか?

2013/03/12

この記事をプリントする

Q1. 欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ紙幣のデザインを刷新し、まず5ユーロ紙幣を本年5月に発行すると発表しました。なぜデザインを新しくする必要があるのですか。

欧州統合の象徴ともいえるユーロ紙幣は、現在17カ国、3億3,200万の人々に使われています。現在流通している紙幣は2002年に導入されましたが、この10年の紙幣印刷技術の進歩により、より効果的に偽造を防ぐための工夫が可能になりました。今回の新紙幣導入はその最新技術を駆使した偽造防止策の強化が主な目的です。

ECBによると、2012年の上期には、25万1千枚の偽造札が見つかりました。流通している真札(同期で約146億枚)と比較すれば、0.0017パーセントという低い割合ではありますが、発見されたのは一部にすぎないという推測もあり、巧妙な偽札造りに対抗するため、偽造防止強化の努力は常に求められています。

新シリーズ紙幣に施されるさまざまな偽造防止の特徴を把握していれば、金融機関や現金を扱う仕事に従事している人はもちろん、一般消費者でも偽札を見抜くことがより簡単になるはずです。

また、新シリーズはこれまでの紙幣より丈夫で耐久性があります。

「エウロペ」シリーズの5ユーロ紙幣のデザインを発表する欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁(2013年1月10日)© European Central Bank

Q2. 新紙幣はどのようなデザインですか?

 「エウロペ」シリーズ(Europa series)と命名されたユーロ紙幣の新デザインは、現在流通している第1シリーズの紙幣と同様、「時代と建築様式」をモチーフにしています。ただ、偽造防止のための新たな工夫を織り込んだデザインになっており、現行のユーロ紙幣との違いは一見してすぐにわかります。

詳しくデザインを見ていきましょう。まず、第1シリーズを踏襲した点として、各額面の紙幣には欧州の7つの時代様式を代表する架空の建物が描かれ、それぞれ特徴となる色調が違います。

€5 古代ギリシャ・ローマ様式(Classical) 灰色
€10 ロマネスク様式(Romanesque)
€20 ゴシック様式(Gothic)
€50 ルネッサンス様式(Renaissance) オレンジ
€100 バロックおよびロココ様式(Baroque and rococo)
€200 19世紀の鉄とガラスが特徴的な建造物 黄褐色
€500 20世紀建築

 

次に挙げるのがこの新シリーズの顕著な特徴ですが、透かしの部分に「ヨーロッパ」の名前の由来となった、ギリシャ神話に登場するフェニキアの王女「エウロペ」の肖像が透かし模様とホログラムとして用いられています。肖像はイタリア南部で発掘され、現在ルーヴル美術館に保存されている2000年以上前の壺(つぼ)に描かれた模様からとられています。

ギリシャ神話では、エウロペの美しさに一目ぼれしたゼウスが牡牛に姿を変えて彼女を誘惑し、欧州大陸を駆け巡ってからクレタ島に連れ去りました。それゆえ、その地域が「ヨーロッパ」と呼ばれるようになったといわれています。

(左から時計回りに)ルーヴル美術館に所蔵されているエウロペと白い牡牛姿のゼウスを描いた壺/新5ユーロ紙幣に描かれたエウロペの透かし模様/新5ユーロ紙幣の表面(右側にエウロペのホログラム、左上のEUシンボルの下にドラギECB総裁のサイン) © European Central Bank

 

また、新紙幣には、2002年以降にEU加盟国が増えたことも反映されています。

  • 2007年にブルガリアが加盟したことを受けて、「ユーロ」のラテン文字(EURO)とギリシャ文字(EYPΩ)表記に、キリル文字(EBPO)表記が加わっている。
  • 裏面の地図に、マルタとキプロス(ともに2004年加盟)が入るように修正が加えられている。
  • 欧州中央銀行の頭文字が9言語で併記されている(旧シリーズでは5言語)。
    BCE: 仏語, イタリア語, ポルトガル語, ルーマニア語、スペイン語
    ECB: チェコ語, デンマーク語, オランダ語, 英語, ラトビア語, リトアニア語, スロヴァキア語, スロヴェニア語, スウェーデン語
    ЕЦБ: ブルガリア語 (新規)
    EZB: ドイツ語
    EKP: エストニア語、フィンランド語
    EKT: ギリシャ語
    EKB: ハンガリー語(新規)
    BĊE: マルタ語(新規)
    EBC: ポーランド語(新規)

Q3. 新たに偽造防止を強化するためのどのような工夫がなされていますか?

一番の特徴であるエウロペの肖像の透かし模様とホログラムをはじめとして、旧シリーズ同様、新シリーズにも「触って、見て、傾けて」みることにより、本物かどうかチェックできる主なポイントがあります。以下は5ユーロ紙幣の例です。

触る
(Feel)
パリッとしてしっかりとした手触り、両端には短く浮き上がった一連の筋、また大きく印刷された額面数字やイラストなどは少し厚めに感じられるので、視覚に障害がある人でも判別できる。
見る
(Look)
光に透かして見ると、表側のEUのロゴの下にエウロペの肖像、額面数字、イラストの「窓」がうっすらと見える。また中央左寄りに、紙面にすき込まれた縦のストライプが見える。
傾ける
(Tilt)
紙幣右側に、エウロペ、窓、ユーロマーク、額面数字がくっきりと見える。左下隅の「5」の文字上を反射光が上下に移動し、数字の色がエメラルドグリーンから深い青に変わる。

 

エウロペの肖像を含むホログラム(上)と、紙幣を傾けると光や色が変化する「5」のマーク © European Central Bank

このほかにも、デザインの所々に拡大鏡で見ないとわからないような極小文字が印刷されている、赤外線を当てると見える部分が限定される、紫外線を当てると部分的に光る部分があるなど、さまざまな偽造防止の工夫がなされています。

Q4. 5ユーロ紙幣以降、旧ユーロ紙幣との切り替えは、どのように行われますか?

「エウロペ」シリーズは5月2日に流通を開始する5ユーロ札を手始めに、10ユーロ、50ユーロというように小額紙幣から順次、何年かにわたって導入されます。

2002年の各国通貨からユーロへの切り替えは一斉に行われましたが、今回はユーロ導入国のキャッシュサイクルの状況により、国によって切り替えの早さにも違いが出てきます。ただし、2013年の秋には、ユーロ圏全体での新5ユーロ紙幣の流通量は、旧5ユーロ紙幣を上回ると予想されています。

新旧紙幣はしばらくの間併存し、最終的に旧ユーロ紙幣が法定通貨ではなくなる期日は、十分な周知期間を置くことを前提に発表されます。旧紙幣は永久に価値を維持し、ユーロ圏各国の中央銀行でいつでも交換できることになっています。

左側の上下2枚は、現在流通している5ユーロ紙幣で、右側の上下2枚は新ユーロ紙幣 © European Central Bank

Q4. ユーロ硬貨も新シリーズが発行されるのでしょうか?

ユーロ硬貨のデザインに変更はなく、8種類の硬貨、つまり、1、2、5、10、20、50ユーロセント、1ユーロ、2ユーロのデザインは現行のままです。

紙幣と違って、ユーロ硬貨はECBではなく、各ユーロ導入国の管轄となります。硬貨の片面には共通のデザインが描かれ、EUの加盟国間の結束を表し、硬貨の種類によってデザインが異なります。もう一方の面には、各国が選んだ独自のデザインが施されています。ただし、どの国のデザインの硬貨であっても、すべてのユーロ導入国で使用できます。

あるユーロ導入国が新しいデザインの硬貨—たとえば記念硬貨など—を発行したければ、欧州委員会に通知しなければなりません。委員会はEUの公用語23言語で発行されるEU官報の告示編(C Series: 法令以外の情報)に情報を掲載します。

2004年のギリシャのアテネ五輪記念硬貨を皮切りに、年に一度、ユーロ導入国は2ユーロ記念硬貨を発行できることになっている。写真左は、共通デザイン面で、右は加盟国独自(ギリシャ)のデザイン面 © European Central Bank

出典

欧州中央銀行サイト(英語)

2013/03/12

この記事をプリントする