英国、EU離脱を正式に通告 ―3月29日

2017/03/31

この記事をプリントする

英国の代表からメイ首相が署名した書簡を受け取るトゥスク議長(右)

2016年6月23日の国民投票の結果を受け、英国のテリーザ・メイ首相は2017年3月29日、EU離脱を欧州理事会に正式に通告した。これをもって「EU条約(Treaty on European Union)」第50条に基づく離脱手続きが開始された。

欧州理事会のドナルド・トゥスク議長はただちに声明を出し、「皮肉にも英国の離脱には肯定的な面がある。27カ国の共同体はこれまでより決意と結束を固くした。…われわれの目標は明確である。EUの市民、企業、加盟国が受ける損失を最小限にすることだ。そのためには、われわれの権限においてできることは何でもする」と述べた。

EU側の離脱手続きは、欧州理事会が離脱協定交渉のための指針を採択することから始まる。トゥスク議長は27カ国の首脳に対し指針案を3月31日に提示し、臨時欧州理事会会合を4月29日に招集する、と発表した。

関連情報

EU条約第50条に関するQ&A(英国離脱までのスケジュール付き)(日本語仮訳)

英国のEU離脱通知を受けた欧州理事会の声明(日本語仮訳)

 

2017/03/31

この記事をプリントする