第14回ASEM外相会合開催

2019年12月15日~16日、スペインのマドリードで、アジア欧州会合(ASEM)の第14回外相会合が開催され、ジョセップ・ボレル新EU外務・安全保障上級代表兼欧州委員会副委員長の議長の下、欧州とアジアの51カ国の外相または高官ならびにEUと東南アジア諸国連合(ASEAN)の代表が「アジアと欧州:効果的な多国間主義のために力を合わせる」というテーマで議論を行った。

出席者は以下のような中心的テーマに焦点を当て、欧州とアジアが幅広い分野でどのように協力を強化していくかについて意見を交換した。

  • 多国間主義の擁護と再活性化、ならびに国連の持続可能な開発目標、気候変動、海洋ごみなどの地球規模の課題
  • 地域的課題、ならびにテロ、海洋安全保障、サイバー、ICTなどのセキュリティーの問題
  • 平和・安全保障・持続可能な開発におけるものを含む、ジェンダー平等とエンパワーメントの推進
  • 持続可能なコネクティビティ(接続性)とコネクティビティ協力の具体的分野
関連情報

第14回ASEM外相会合に関する詳細な情報はこちら

関連記事

連結がさらに強まるアジア欧州会合(ASEM)とEUの対アジア戦略

アジア欧州会合(ASEM)とは何ですか?