message 駐日EU大使から

離日にあたり――日・EU関係の進化を確信

このたび、駐中国欧州連合(EU)大使という新たな職責を担うため日本を離れることになり、今回でこのメッセージを書くのも最後になると思いますと、寂しさを感じずにはいられません。

積極的に進める日本各地との交流

在京の欧州連合(EU)代表部では、他の多くの国々の大使館と同様に、日本各地において、EUとその政策への理解を促進することに、意欲的かつ熱心に取り組んでいます。

40年を振り返り未来に目を向ける

今月、欧州連合(EU)が日本に外交公館を開設してから40周年を迎えました。1974年に当時の欧州共同体(EC)が東京に代表部を創設した後、発展を続け、2009年12月に発効したリスボン条約により、EU代表部となりました。

欧州議会選挙結果を受けて

5月22日から25日まで行われた欧州議会選挙は、新議会の誕生と同時に、欧州連合(EU)の新しい指導陣の形成に向けた第一歩でもありました。

新緑は万緑へ― 活気に満ちた5月

5月は欧州連合(EU)にとっても日・EU関係にとっても、非常に刺激的な月であります。今月のEU MAGが特集記事で詳細を報じている通り、5月22日から25日までEUの全28加盟国で欧州議会選挙が行われます。5年に一度行われるこの欧州議会選挙はEU市民に、議会への代表者に票を投じることを通じて、自らの考えを表明する機会を与えています。

清々しい季節を彩る数々の催しに向け

新年度、新学年がスタートする4月を象徴するおろしたてのスーツや学生服が体に馴染んでくる頃、当代表部では、EUにとって特別な月である5月に開催するさまざまな活動やイベントの準備にとりかかっています。

日・EU関係の新たな一歩を形作る春

日本の3月は、毎日のように桜前線の北上やお花見の話題が聞こえてくるようになり、一年の中でも特別な季節だと感じます。

大雪で再確認する気候変動対策の重要性

ここのところ日本各地を襲った記録的な大雪は、交通網を大いに混乱させ、多くの人々の生活に支障をきたしました。被害に遭われた方々には心よりお見舞いを申し上げます。

欧州市民、日・EU関係にとって画期的な一年に

読者の皆さま、明けましておめでとうございます。 本年も欧州連合(EU) および当代表部のウェブマガジン『EU MAG』に関心を寄せてくださることに感謝します。

実り多い一年の終わりに思う事

本年も残すところわずかとなり、「光陰矢の如し」を実感しています。欧州連合(EU)と日本にとっては、その関係が大きく進展した実りの多い一年でした。

日欧首脳が共通課題を確認、さらなる関係強化へ

欧州連合(EU)と日本は、つい先ごろ首脳協議(日・EUサミット)を成功裏に終えたところです。今回の協議を通じて双方の首脳は、相互の協力関係にはまだ大きな発展の余地があり、協力の範囲もさらに拡大するべきだという認識を新たに共有しました。

食欲の秋から実りの秋へ

日本人は秋という季節からいろいろなものを連想します。読書、文化、スポーツに最高の時節と称えられているのです。また「食欲の秋」ともいわれ、人々は豊富な旬の食材を楽しみます。