国際社会で果たす役割を強化するEUと中国

2017/07/25

この記事をプリントする

PART 2

EU・中国定期首脳会議の成果と課題

PART2では2017年6月1日、2日にベルギー・ブリュッセルで開催された第19回EU・中国定期首脳会議の概要を解説。パートナーシップ強化につながる数々の合意や議論の内容を紹介する。

より強固なパートナーシップに向けたサミット

首脳会議にはジャン=クロード・ユンカー欧州委員会委員長、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長がEUを代表して出席。フェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表、欧州委員会からセシリア・マルムストロム通商担当委員、カルロス・モエダス研究・科学・イノベーション担当委員も参加した。中国側からは、李克強首相、王毅外相、国家発展改革委員会の何立峰主任らが出席。二者間関係に多くの重要な進展が得られるとともに国際問題における二者間パートナーシップを加速させる結果ももたらした。

第19回EU・中国定期首脳会議に臨むEU首脳陣(写真上:左からユンカー欧州委員会委員長、トゥスク欧州理事会議長、モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表)と中国首脳陣(写真下:左から王外相、李首相、何・国家発展改革委員会主任) © European Union, 2017

パリ協定の履行を再確認

EU・中国定期首脳会議を終え共同記者会見に臨む両首脳。左からユンカー欧州委員会委員長、中国の李首相、トゥスク欧州理事会議長 © European Union, 2017

EUと中国はいずれもエネルギー資源の主要な消費地でありかつ輸出元でもある。米国のパリ協定離脱の方針を受け、今回の首脳会議でもパリ協定に関する両者の協議の方向が注目を集めた。双方の首脳は、パリ協定の履行に向けてEUと中国が引き続き協調しながらコミットしていくことを確認。特にエネルギー政策分野における協力関係強化の重要性を強調した。共同記者会見で、ユンカー欧州委員会委員長は「米国の(パリ協定離脱の)決定に対するEUの不満について、中国が同意してくれることはうれしく思う。とても心強く、責任ある対応であり、EUと中国がパリ協定の履行に向け進むよう促すものだ」と述べ、あらためて両者の決意を確認した。

また首脳会議に先立って開催されたハイレベル・エネルギー対話では、EU・中国エネルギー協力に関する行程表の実施に関する2017年~2018年の作業計画に合意。2016年に合意した同行程表をさらに前進させる成果を上げた。

気候変動問題やエネルギー協力以外の分野で特に注目を集めた協力関係強化に向けた合意について、以下にまとめた。

ビジネス分野

首脳会議の間に開催された第12回EU・中国ビジネスサミットでは、双方の経済界の代表とEU・中国の首脳陣が意見交換を行い、残存する課題の解決に向けた展望を探った。同サミットに出席した欧州委員会のマルムストロム通商担当委員は、「ビジネスを行う上で、また日常生活の上でも、人々は無料の独立した情報を入手できなければならない。これはインターネット時代にも当てはまる基本的人権である」と述べた。

地域的およびグローバルな課題

共通の安全保障上の脅威、多国間主義の促進、平和構築・維持に共に取り組むことを確認。外交・安全保障政策において協力と共同行動をどのように前進させるか包括的に議論。特に朝鮮半島、ウクライナ、アフガニスタン、シリアの情勢などが焦点に。

競争政策

国家補助の規制に関する対話を開始するための覚書を交わした。この対話によって協議、協力、透明性の枠組みが形成される。

投資

EUの欧州投資基金と中国のシルクロード基金の2基金が、未公開株とベンチャーキャピタルファンドに対する共同投資を目的とする覚書を締結。EU域内の中小企業に向けた投資も行われる。

貿易と農業

知的財産と地理的表示の保護を含む重要文書に署名。中国国内でのEUの企業活動における知的財産権の保護と行使に関して、欧州委員会と中国当局の円滑な連携を目指す。このほか100種類にわたる欧州と中国双方の地理的表示を定めたリストを作成し公表することに合意。これにより、リストに含まれた地理的表示製品が模倣や不正使用から守られる。

研究とイノベーション

食料問題や都市問題、医療や環境に関連したバイオテクノロジーなどの分野を対象に、協力関係をさらに強化することで合意。さらにリモートセンシングと地球観測システムの分野については包括的な研究開発枠組みに署名し、協力体制をさらに拡充する方針を示した。

このほか観光分野やインフラ整備、関税、海洋問題なども議題に挙がり、各分野におけるEUと中国の協力関係をさらに強化する施策が示された。

中国が担う責任と役割に対するEUの期待

EUと中国双方が繁栄するためには、互いの発展が必要不可欠である。サミット直後にトゥスク欧州理事会議長は、今次のサミットは実りある建設的なものであったと総括した上で、ルールに基づいた国際的システムを支持・強化することに共通の基本的関心を持つと確認したことが非常に重要であったとし、履行について以下のように強調した。「EUは気候変動問題に関し中国との協力を強化させることができた。まさに今日、EUと中国は未来世代との連帯と地球全体に対する責任をはっきりと示した」。

その一方で、EUが期待する成果が出ていない分野があることも否めない。例えば、トゥスク議長は、人権問題専門弁護士や人権擁護家の身柄拘束やチベット族・ウイグル族など少数民族の置かれている状況を含む、中国国内の表現・結社の自由に関する懸念を表明した。また北朝鮮問題について、朝鮮半島の平和と安定や緊張緩和、同国の核ミサイル開発計画の廃棄と国際的義務遵守に関し、中国の継続的な後押しに期待を寄せている、とも述べた。その他、EUは以下のようなことを中国に期待している。

出典:EU CHINA RELATIONS

経済大国となった中国に対する、EUをはじめ世界各国の期待は大きい。国内改革の遂行やグローバルな課題解決に向けた、中国の取り組みに期待するとともに、EUも引き続き連携し協力関係を深めていく。

2017/07/25

この記事をプリントする